読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぶ・らびっと・らいふ-Love Rabbit Life-

うさぎという生き物について、もっとみんなに知ってもらえたら… サブブログのためまったり更新

膿瘍の通院1回目。癌じゃないよね??

スポンサーリンク

今日も楽しくラビットLife♪

こんにちは。(*‘ω‘ *)

 

右頬の違和感。

うさぎ マッサージ

ワタシの友人にマッサージされるはなさん。右頬がちょっぴり腫れてる。

 

なんとなくはなの顔がいつもと違うような…??

何が違うのかと言われるとなんだかよくわからないんだけどなんとなく違和感。

そんな日々を数日過ごし2016.5.30の夜。

仕事から帰ると違和感の正体がなんだかわかりました。

なんだかはなの右頬が腫れている!!……ような気がする??Σ(´∀`;)

 

目の錯覚のような気もするんだけど、でもほんのり腫れてるような??

気付いてしまったら気になって気になって仕方がない。

うさぎさんの下顎膿瘍という病気があることも知っていたし、

もしかして悪性腫瘍(癌)とかじゃないよね…??なんて。

色んな心配がグルグル巡る。

過去に子宮腺癌をやって手術しているので、癌の恐怖が既にトラウマ。

明日は仕事で病院に連れていけないし、次の休みは3日後。

それまで待つ?

でも万が一、それで手遅れになったどうしよう?

ワタシは一生後悔するよね?

結局、病院を先延ばしにしたところで仕事なんて手に付かないし、

夜間の救急診療で診察をお願いすることにしました。

かかりつけのうさぎ専門病院。

はなにはかかりつけの先生が居ます。

うさぎ…というか、厳密にはエキゾチックアニマル専門の先生です。

うさぎ以外にも診ていますが、うさぎさんの数がトップクラスで多いそう。

※犬猫の診療はしていない先生です

過去に何度も死にそうなはなを助けていただき本当に感謝している先生なのですが、

更に頭が上がらないのが夜間も診療してくれる点です。

緊急用ケータイに電話すると対応してくれます(夜間診療料がかかります)。

電話で先生に状況を説明しました。

しかし私自身がハッキリ断言できないくらい微かな腫れです。

正直仕事が終わってる先生を呼び出すほど重症!?って自分でも考えましたが、

先生は優しいので対応してくださいました。

ワタシが苗字を名乗ると先生はスグに気付いてくれました。

『え!?◯◯さん!?はなちゃん???』

手元にカルテがなくてもはなだとわかるなんて、

病気ばっかりしてるので覚えられちゃってるみたいです。(^^;;

しかし逆にありがたい…。

 

うさぎの夜間(時間外)診療。

うさぎ キャリー

病院に着くと既に先生は待機していてくれました。

はなの頬が腫れているのはワタシの気のせいかも知れない…?と、

呼び出してしまった先生に対して申し訳ない気持ちでしたが、

診せるとどうやら勘違いではない様子。

うん…、腫れてるね。と。

先生には申し訳ないけど、ワタシとしては勘違いであって欲しかった。

はなが健康ならそれに越したことはないので。

はな自身は右頬を触っても全く嫌がる様子がありません。

多分痛くないんだと思います。

ただし、チモシーを食べる量が最近減っているような…??

腫れが気のせいではないとわかると、

恐らくチモシーの減りが悪いのも、気のせいではないのだろうな。

という気がしてきました(先生にも伝えました)。

しかし口の中を見てもらっても、少なくとも表面的には問題なしとのこと。

(※下顎能膿瘍は不正咬合が原因でなる場合もある。)

まずは腫れの正体がなんなのか確かめる必要があるので、

針を刺しましょうということになりました。

患部に針を刺し、注射器で内容物を抜き取ります。

ただ、コレは残念ながらいい結果にはなりませんでした。

はなにとても痛い思いをさせたのに…。

抜き取れたのは殆ど血液です。膿は採取できませんでした。

恐らく病院に連れて行くのが早すぎたのです。

まだ炎症の段階で、抜き取れるほど膿が溜まっていなかった。

しかしほんの僅かですが血液以外のものも混じっていたので、

先生が顕微鏡で見てくださいました。

しかしやはり中身は殆ど血液です。

白血球だの赤血球だの余分なものばかりがよく見えます。

結局は、恐らく膿瘍だろう。という、

なんともハッキリしない診断でした。

先生に非があるわけでは勿論ないのですが。

先生曰く、うさぎさんはこの位置に非常に膿が溜まりやすいので、高確率で膿瘍だと思うよ。とおっしゃっていました。

ただし。

万が一これが癌だった場合、位置的に手術は難しいと思ってください。顎の骨にがっちりくっついている事になるので、癌を採るとは即ち、顎の骨を削るということです。うさぎさんにその手術は…、かなり困難です。

はなは過去に何度も大病していて、命を落としかけたことが複数回あります。

その度にはなを救ってくれた、とても信頼している先生の言葉として、

とても重みがありました。

この先生がハッキリ手術は難しいと言うのだから、

恐らく本当に無理なのでしょう。

長らくはなを担当してくださって、過去の病歴も知っていて。

ワタシが非常にはなの癌を心配しているのも知っている先生はもう一度言いました。

多分膿瘍だと思いますけどね。癌の可能性もなくはないけど…。

もし癌だったらレアケースですよ。

ひとまずお薬をもらい、2週間様子を見ることになりました。

抗生剤(ST合剤)と痛み止めをもらいました。

ピッタリ2週間後がワタシの休日だったため、予約もとって帰宅。

しかし原因がまだハッキリしないので、

ワタシ自身もモヤモヤが残ってしまいました。

 

お会計。

診察料 1200円(初診)

時間外料金 8000円

検査料 4000円(針刺し&顕微鏡)

投薬料 5600円(2w分)

外税 1504円

合計 20,304円

別途車代 1854円

 


にほんブログ村

 

こんな記事もあります♪

rabbit-hanapu.hatenablog.com

rabbit-hanapu.hatenablog.com

rabbit-hanapu.hatenablog.com

 

広告を非表示にする