読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぶ・らびっと・らいふ-Love Rabbit Life-

うさぎという生き物について、もっとみんなに知ってもらえたら… サブブログのためまったり更新

はなが亡くなりました。

スポンサーリンク

前回の記事から後編を書く前に、

はなが亡くなってしまいました。

8月24日水曜日。早朝4時頃の出来事でした。

7歳11ヶ月。

一緒に暮らしたのは7年9ヶ月です。

とても悲しく、寂しく、辛いです。

しかしながら後悔はないので、それが救いでもあります。

このブログにも少しだけ書いていましたが、

はなはとても病気の多い子でした。

うさぎさんの病理の教科書を網羅できるくらい、一通りの病気を患いました。

病院の先生にも言われた通り、本来ならこんなに長く生きたのが不思議なくらいです。

8年弱の人生で、一体何度【死んでしまうかもしれない…。】と思ったことか。

その度にはなは、小さな身体で精一杯闘い、病気を克服してくれました。

治療費に膨大なお金を使いました。

はなの体調の変化に神経をすり減らすくらい気を使いました。

通院や投薬、看病に沢山の時間も使いました。

だけどそれ以上に、はな本人が凄く頑張ってくれて。

限界ギリギリまで頑張ってくれて。

だから私は悲しみのどん底にいて、涙と声が枯れるまで泣いても、

【これは仕方なかったんだ…。】と納得することができています。

ただ悲しいだけです。ただ寂しいだけです。とても辛いです。

だけど後悔はないのです。

【もしもあの時こうしていれば…。】

【はなはもっと長生きできたのでは?】

そんな風には思いませんでした。

私たちは互いに全力を尽くしたので、これは最良の結果です。

私がそう思えるようになるまで、はなが強い意志で闘った結果なのです。

はなのおかげで、毎日がとても楽しかったです。

愛に溢れ、心地良く癒やされ、はなの待つ自宅は大好きな場所でした。

今は仕事から帰っても、部屋は静かで暗いだけです。

自分の部屋とは思えず、涙が止まらなくなります。

いつの間にか、もう10日も経ちました。

気持ちもほんの少しだけだけど、落ちつてきています。

まだまだ時間はかかりそうですが。

 

このブログは今後も続けていきます。

書き始めてまだ2ヶ月。

はなとの想い出は沢山あるし、写真も沢山あります。

それに私は、今後もうさぎさんとの暮らしをやめません。

お家が必要な子は幾らでも居ますから、私自身がもっと余裕を取り戻したら、

きっと3番目のうさぎさんをお迎えすると思います。

今後とも宜しくおねがいします。

 


ありがたいことに、はなへお供えのお花を沢山頂いております。

ケージ内が華やかで、少しだけ気が紛れます。

私自身はとてもじゃないけどお花を買う余裕なんてなかったので、

本当にありがたいです。

 

広告を非表示にする